大腸がんを取り除くのに効果的な内視鏡治療|現代医学の知られざる力

医者

前立線がんの転移

前立線がんの転移について

前立線がんが転移し前立線がんの手術ができない場合は転移した骨のところに放射線を照射しホルモン療法などで対応いたします。放射線照射も一カ月近く入院し前立線がん転移の治療をします。患者の年齢に応じ医療費等も変わってきます。一か月の入院費用が7〜8万円かかります。ホルモン療法の治療も月1万円ほどかかります。ほかに飲み薬等処方されればその費用も掛かります。自分で運転できない例えば車いすなどで通院する場合はそういう車いすなど含めて載せてくださる介護タクシーなどあります。そういう費用も考えておかなければならないです。介護タクシーなどはまだ予約などしていかないといけない場合もありますのでそういう配慮も必要になります。

前立腺のがんが進んだ場合

前立線がん転移でもホルモン療法なども他のがんの治療に比べて吐き気などの強い副作用はないことが多いです。ただし前立線がん転移で放射線治療をする場合はやはり疲れたり少し気分がすぐれないこともあるようです。ホルモン療法のほうはあまり強い副作用はないですが薬の効き目に関しては個人差もありますしあまり効果がなくて他の薬に変える場合などもあります。前立線がん転移は一般的には他のがんほどの治療での強い副作用がないですのであまり深刻に考えなくても治療をまじめに続けていれば普通に生活できるようです。その際も併用する飲み薬などをきちんと飲み毎日の生活もお酒やたばこをやめて三食バランスよく取ることをしていけば毎月の通院とホルモン療法や定期検査で健康な人あまり変わらない生活ができます。